9.CSRツアー

近年、多くの企業がCSR活動(社会貢献活動)に力を注いでいます。モニタリングや自然資源の保全(手入れ等)を作業を継続していくためにも、地域外からのボランティアなどを募って協力して実施するという組み立てと、CSR活動を絡めてプログラムを造成しています。

  • A.植えつけサンゴ株分け体験とサンゴ礁学習プログラム
  • B.マングローブ植樹と散策、マングローブ学習プログラム
  • C.やんばるの森の手入れと観察会プログラム
  • D.森林散策と海岸林の手入れ、森で海を考えるプログラム
  • E.マングローブ干潟でのモニタリングとカヌー散策プログラム

というメニューとなっていますが、これらをサンプルとして地域状況にも合わせて開発する形式です。
こうした社会ニーズにも柔軟に対応し、受け入れ、活用していくことが、ひいては「持続可能な観光地域づくり」に貢献するものだと考えています。(2009年度造成)