NPO法人東村観光推進協議会の取り組み

NPO法人東村観光推進協議会

東村は、以前から豊かな自然資源を活かした体験型観光による地域活性化を村の基本目標として揚げており、「自然との共生」「都市との交流」をキーワードに、官民一体となって取り組んでいます。東村観光推進協議会は、自然体験の「エコツーリズム」、漁業体験の「ブルーツーリズム」、農業体験の「グリーンツーリズム」という3つのツーリズムを柱とし、2005年に任意団体として設立され、2010年にNPO法人となりました。東村観光の窓口として活動しております。

グリーンツーリズム農家民泊の推進と資質向上

東村で農業体験及び農家民泊を最初にはじめたのは2001年になります。県内外から来た修学旅行生が、東村の農家へ1~2泊して沖縄の田舎生活の中に入り、ありのままの暮らしを体験します。今まで知らなかったことや初めてのこと、農業の厳しさと喜びを学びます。農業体験・民泊を通して、地域の自然・歴史・文化を体験しながら交流を深めた生徒たちは、別れ際に感動のあまり涙を流して別れを惜む姿もみられます。

農業体験                              別れを惜しみ、涙することも
農業体験                              別れを惜しみ、涙することも

おかげさまでリピーター校も多く、受入数は毎年増加しており、村の目標とする体験型観光による地域活性化の一翼を担っていると言えます。

しかし、受入れが増加しすぎると質の低下が起きるのではないかとの声もあり、受入れの質の維持と向上は重要課題になっています。

23年度も会員の質の維持と向上のために、さまざまな講習会・勉強会を開催しました。

・「料理講習会」…沖縄料理も大切な文化であり、生徒たちも楽しみにしていることから、勉強会を開催した。

・「クラフトづくり勉強会」…夕食後や雨天時に、生徒とより充実した交流ができるように、葉っぱや貝殻や珊瑚などなど自然の中にあるものを利用したクラフト作りを勉強。

・「消防消火訓練」…国頭消防の協力により実施。

・「ハブ等の危険生物講習会」…沖縄県衛生環境研究所の協力により実施

クラフトづくり勉強会          消防消火訓練          ハブ等の危険生物講習会
クラフトづくり勉強会          消防消火訓練          ハブ等の危険生物講習会

全民泊家屋が消防法令適合、旅館業許可証取得

国内多くの地域で民泊組織が立ち上がっているなか、「旅館業法上の許可を受けていない施設で、人を宿泊させ収入を得るのは違法」との指摘があります。民泊は違法なのか?グレーゾーン(あいまい)な状態でした。23年度、東村では全ての民泊家屋が消防法令適合通知、旅館業許可証を取得しました。法的な安全基準をクリアし、教育旅行に適した組織になったと言えます。

先進地視察民泊研修

23年度は4つの地域での先進地視察民泊研修を行いました。普段受け入れることには慣れている会員(民泊農家)ですが、実際によその家に宿泊し、受け入れられる側になったことによって感じる気づきが沢山あったそうです。民泊させていただいた4地域の内2地域は沖縄で、民泊といえば必ず名前が上がる組織2つです。県内で共通のプログラムを展開している、あるう意味ライバルとも言えますが、修学旅行民泊が全国で広がっている昨今、"県内同業他地域としての交流・情報共有をして、互いに沖縄県の民泊の向上の機会にしたい"という思いを理解していただき、快く受け入れて下さいました。県内2地域、県外2地域。それぞれの体験は、自分たちの取り組みを改めて考えなおす良いきっかけになりました。

やんばる3村(東、国頭、大宜味)との連携とやんばる3村たまて箱(東村ステージ)

東村の民泊登録農家数は65軒。一度に受け入れ可能な生徒数は、おおよそ200名まででした。近年は、「くにがみ村交流推進協議会」「おおぎみまるごとツーリズム協会」との、やんばる3村での広域的な連携ができており、今まではキャパシティの問題でお断りせざるを得なかった人数にも対応できるようになり、3村合同で360名までの大型校の受け入れが可能になりました。今後も3村にて、時にはライバルとして刺激し合いながら、互いに成長していけるよう協力していきたいと考えています。

また連携のひとつとして、環境省の主催で行われているやんばる3村たまて箱という事業があります。3村の住人を対象に、地元の魅力を再発見してもらう企画の東村ステージ」が10月10日に開催されました。つつじエコパークとエコツーリズム協会ガイドの案内で、PA体験と慶佐次川のマングローブ観察を行ないました。3村から30名が参加。参加者からは「近くに住んでいても知らないことが多い。楽しく、ためになった。」との感想をいただきました。

つつじエコパークでPA体験         慶佐次川のマングローブ観察
つつじエコパークでPA体験         慶佐次川のマングローブ観察

東村エコツーリズム協会 東村産業まつりシーカヤック体験

9月4日第二回東村産業まつりの中で、東村エコツーリズム協会主催で平良湾で無料シーカヤック体験を行ないました。天候にも恵まれ129名のお客様が体験されました。初めてカヌーにのった方からは、「また乗りたい、今度は慶佐次川でゆっくりと体験したいです。」との嬉しい感想も聞けて大盛況でした。

東村のカヌーといえば慶佐次川が有名ですが、このような企画をきっかけとして、慶佐次川への環境負荷やカヌー渋滞の問題を解決するフィールドの分散の足がかりをつくりたいと考えています。


地域貢献活動


エコツーリズムは地域の自然資源があってこそ成り立ちます。地域への貢献、還元、感謝の意味を込めて、東村エコツーリズム協会では毎月定期的に地域清掃活動を行なっております。

ページトップへ
ページバックする
うるまの窓UrumaDo!
ECO-Okinawa募金
地域活動事例
NPO法人沖縄エコツーリズム推進協議会
〒902-0072
沖縄県那覇市真地329-1
ウェル・カルチャースクール内
TEL 080-2727-1386
FAX 098-955-7062
info@ecotourism-okinawa.jp

※事務所に常駐していませんので、電話連絡をいただきましても留守番電話対応となる場合が多くなります。ご連絡はメールにてお願いします。