国頭村環境教育センター「やんばる学びの森」の活動紹介

NPO法人国頭ツーリズム協会

やんばるの中でも最北に位置する国頭村は、地球上でここにしか見られないヤンバルクイナやノグチゲラなど、固有な生き物が今もなお生息するところです。2010年10月、名古屋でCOP10が開催されましたが、国際的に生物多様性の保全に対する認識が高まりつつあり、そのための環境教育の推進は重要な1つのテーマとして、世界の様々な地域で取り組みがなされています。世界的にも稀な亜熱帯照葉樹林のやんばるの森は、まさに生物多様性の宝庫です。全国の0.1%にも満たない面積ですが、本州などと全く異なった固有な自然が見られる極めて重要な地域です。このような自然環境に囲まれた環境教育施設である国頭村環境教育センター「やんばる学びの森」に、平成19年にオープンした「遊びのゾーン」に続いて、平成23年に「学びのゾーン」が加わります。村内外の多くの来訪者に、貴重なやんばるの自然と文化を伝え、次世代に継承するための取り組みをおこなっていきます。

いっぱいの不思議から探求がはじまる

やんばる学びの森では、子どもから大人まで幅広い年齢層の人たちが、やんばるの森、川、海、集落等を学びの場として、自然への多様な感性を養い、探究心を育て、環境問題への気づきを得ることで、「自然を大切にする心が育まれる」と考えています。やんばるの自然を正しく理解し、保全しながら活用していくためのジンブン(知恵)を、訪れる様々な人たちと共有する学びの場を提供しています。既存の遊びのゾーンでは、昔懐かしい遊びや冒険から自然を学ぶことをコンセプトに、子どもたちが森の中で秘密基地を作ったり、筏を作って川を下ったり、釣りをしたり、火起こし体験等の遊びの中から五感を通した気づきを得ます。第4回目を迎えた「沖縄県子ども環境サミット」は応募者が増え、参加児童もスタッフも、楽しく次世代に引き継ぐ貴重な環境について語り合いました。


第4回 沖縄県子ども環境サミット

やんばるで過ごす一日

新設の学びのゾーンでは、国頭山地のパノラマを背景とした宿泊棟を完備しており、一般の方も含め、小中高校の宿泊学習、修学旅行、大学のゼミ、社員研修などへの対応が可能です。また、ビジターセンターのセミナーホール、展示室、図書コーナーなども利用し、三つの散策路・野外体験と合わせて、やんばるの自然について学べるようになっています。 併設のレストランでは、オープンデッキから与那覇岳の眺望が望め、開放的でゆったり過ごすことが出来ます。満天の群星の中、幾重にも連なる山々からヤンバルクイナやノグチゲラ、カエルや虫たちの大合唱、さわやかな風の音が迎えてくれます。

おわりに

平成9年の森林ツアーをきっかけに平成16年12月NPO認証を受け (1)調査研究 (2)環境教育・環境学習 (3)人材育成 (4)地域振興・情報発信 (5)パートナーシップの5つの活動を柱として取り組んできました。「遊びのゾーン」の学びの場では、オートキャンプ場を使った宿泊学習、JICA研修の受け入れ、辺土名高校環境課「野外活動」後期授業担当等の経験を積み重ねてきました。今回「やんばる学びの森」がリニューアルオープンします。私たちKUTAにとっても活動の場が充実し、来訪者にとってもやんばるの自然資源の豊かさを満喫してもらう場所になり、持続可能な環境保全型産業構造の構築に寄与できればと思います。

NPO法人国頭ツーリズム協会

国頭村環境教育センター やんばる学びの森

ページトップへ
ページバックする
うるまの窓UrumaDo!
ECO-Okinawa募金
地域活動事例
NPO法人沖縄エコツーリズム推進協議会
〒902-0072
沖縄県那覇市真地329-1
ウェル・カルチャースクール内
TEL 080-2727-1386
FAX 098-955-7062
info@ecotourism-okinawa.jp

※事務所に常駐していませんので、電話連絡をいただきましても留守番電話対応となる場合が多くなります。ご連絡はメールにてお願いします。